About

事務所について

MESSAGES

代表弁護士のご挨拶

私たちは、東南アジア・南アジアと日本との間の人の国際移動を円滑に行うための一切の手続を行います。

少子高齢化に伴い、日本における産業・サービスの担い手は不足しています。このような背景を受けて、2020年においては約166万人の外国人が働いてくれています。しかし、日本の外国人雇用制度は発展段階にあり変化も早く、また、手続も複雑です。

私たちは、在外経験のある専門家が集まり、企業活動に関わる入管業務や外国人雇用に関する法務・労務を従来の企業法務のレベルで提供することを目的に設立しました。外国人雇用をとりまく状況は、様々で、望ましくない状況で就労している場合もあります。私たちは、自分たちの業務を通じて、法令遵守を第一に、働く人にも雇用する人にとっても望ましい就労場所を増やしたいと考えています。そして、その先にある、日本が多様性に満ちた社会になることに貢献したいと考えています。

代表弁護士 杉田 昌平

FEATURES

特徴

01

サービスの技術促進

従来、外国人雇用に関する入管法や技能実習法は、企業のコンプライアンスの問題であると認識がされていませんでした。しかし、外国人雇用は企業活動でも不可欠な存在となり、コンプライアンスや経営課題として認識されつつあります。
私たちは、企業法務を扱う日本有数の法律事務所で研鑽を積んだ者が集まっています。そのため、入管法・技能実習法等の分野でも、他の企業法務の分野と同水準で業務を行うことが可能です。

02

豊富な実績

私たちは、当法人設立時点において、継続的な助言を行う対象として300以上の法人を対象として業務を提供している実績があります。
また、日常的な在留諸申請の取次経験、監理団体や職業紹介の許可の取得、雇用状況の届出や退社時の脱退一時金の手続代理、在外子会社を含めた人の国際移動スキームの設計実行等の戦略立案、マスコミで報道される大規模な事件における代理人を務めてきました。
このように日常的なレベルでの実務、戦略レベルでの実務、有事の危機対応レベルでの実務のいずれにおいても豊富な経験と実績を有しています。

03

多様性への尊重

私たちは、メンバーがそれぞれ在外経験や諸外国とのルーツを有しています。ベトナムやカンボジアに長期間滞在し執務を持ったメンバーや外国にルーツがあるメンバーがいることで、私たちは自分たちの扱う日本法が絶対的な基準ではないことを知っています。
諸外国ではそれぞれその国の法律があり、労働関係法令や出入国関係法令の考え方も異なりますし、実際の労働慣行等も異なります。

私たちは、世界が多様であることに敬意を払い、日本に働きに来てくれる外国人と外国人を雇用する企業の双方を尊重して業務を行います。

service

OUR OFFICE

事務所概要

名称

弁護士法人Global HR Strategy
(東京弁護士会)
GHRS法律事務所

所在

東京都港区赤坂2丁目19番8号赤坂二丁目アネックス2階

代表社員

杉田昌平

Loading...